過敏性腸症候群は便秘や下痢(腹痛)のくり返し。腸のチカラを付けるいきいき健康対策

●過敏性腸症候群を中心に『健康とよろこびの種まき情報』を発信し、あなたが過敏性腸症候群から解放され、フローライフ(流れに乗った生きかた)な健康幸せ人生を送ることができれば喜びに耐えません。

■過敏性腸症候群

・便秘と下痢をくり返す過敏性腸症候群
・便意はあるのに排便がないか、ゆるい便が少量しか出ない過敏性腸症候群
・おなかにガスがたまりやすい過敏性腸症候群
過敏性腸症候群と腸のチカラが付く腸弱者!必見のサイトです!!

■過敏性腸症候群・・下痢と便秘から解放/腸の健康発~元気♪Happiness行き!!

 

■□■お通じを高め♪お腹の環境を良好に保つ!!

★過敏性腸症候群/腸の健康発~元気♪Happiness行きで~す!・・・過敏性腸症候群/腸の健康発~元気♪Happiness行きで~す!・・・

はじめに・・

私たちは、からだを害してから健康であることの幸福に気づきます。

なろうと思ってすぐになれる病気と較べて、
なろうと思ってもなかなかなれないのが健康ですよね。

過敏性腸症候群で苦しんでおられる方々や、
増えつづける予備軍の方々に、

緊急時の携帯医薬品に頼ることのない根本的な解決(改善)にむけて、
ほんのすこしでも、
健康づくりのお役に立てればと考えております。

過敏性腸症候群(かびんせいちょうしょうこうぐん)とは?(IBS:irritable bowel syndrome)

※注意
過敏性腸症候群は、
腹痛をともなう症状などもあるようですので、素人判断で安易に、
「過敏性腸症候群」と自己診断されませんようくれぐれもご注意ください。

とくに「腹痛」は、広い範囲にわたっての原因が考えられますので、
早めの検診をおすすめいたします。

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃、過敏性腸症候群は子供にも多くなっているという。

中でもストレス性の便通異常は、
いじめの対象にもなっているらしい。

小学高学年の男の子。授業中におなかが痛くなり、
先生に許可を求めてトイレに行くのを繰り返す。

本人は周りのヒソヒソ話が気になり始める。

「もしや?おならの臭いがするのかも・・・」

不安が募り、なおさらに便意が敏感になる。

やがて傷ついた自尊心が、学校を遠ざけるようになるという。

しかしこの男の子の場合は、
トイレに行きやすい後ろの席に変えてもらい、
担任の先生にも協力を求めた。

同時に心療内科にも積極的に通院、その後に症状は徐々に治まり、
ほぼ2年間で治療を終えたらしい。

このような件は、本人と親はもちろんのこと、
病院・学校の先生の連携と、適切な処置の賜であろうと思う。

「過敏な腸」と付き合うには、腸に通じている
過敏すぎる神経の仕業なのだろうか。

ではいったい、神経のコントロール法はどのように・・・?

今後、心療内科が益々忙しくなるような気が・・・。

スポンサーサイト
ストレス社会を反映した現代病ともいえる過敏性腸症候群。

検査で異常が見つからないため、治療をあきらめてしまう人や、
病院を渡り歩く人も多いらしい。

繰り返す腹痛や下痢などの症状は、
潰瘍性大腸炎やクローン病と似ているという。

過敏性腸症候群のメカニズムの最新情報では、

脳がストレスを受けると
自律神経でつながっている腸の運動が異常になり、
内臓の感覚が過敏になるらしい。

腹痛や下痢を繰り返し、

その病状自体がさらにストレスとなり、
悪循環に陥るという。

まことに厄介な病気である。

病院の処方箋で改善される場合もあるが、
加えて、心療内科などとの連携も必要になるという。

患者の多くは完全主義者の傾向が強く、
神経の細やかな、よく気のつく優秀な人が多いらしい。

心の持ち方といえばそれまでだが、
心なんてものは、そうそう容易く制御できるものではない。

改善した多くの場合は、

生活習慣の徹底した見直しと、病状に応じた薬の併用らしい。

が、しかし、

ストレスと仲良しにならない限り、
再発も起こり得ると思うのは私だけだろうか。
前回と前々回につづき、
新谷弘実(米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授)氏の著書「健康の結論」から、まとめとして少しだけご紹介いたします。

たとえば、食事に注意し、良い水を飲んで、規則正しく排泄して、
適度な運動をしていたとしても、

精神的に充足感がなく、幸せ感のない生活を続ければ、
いずれは病気になってしまいます。

どうやら、
精神と体の健康には何らかの関係でつながっているようなのです。

そのメカニズムは、精神の状態によって、
自律神経が交感神経優位になったり
副交感神経優位になったりするからだそうです。

強いストレスを受ければ、交感神経が優位になり、

白血球(免疫細胞)の顆粒球が異常増殖し、
正常な細胞組織を攻撃してしまい、

結果、様ざまな病気になるわけです。

反対にいつもポジティブな気持ちでいれば、
副交感神経優位になり、ガン細胞などにも非常に強い
リンパ球が増殖し、免疫機能が高まり、

免疫力や抵抗力、治癒力も活性化されるというわけです。

「病は気から」というのは、十分に根拠のある話で、
いかに日頃から良い精神状態を保つかが大切だいうことです。


当たり前のようですが、

ストレスを受けたらリラクゼーションを心がけ、
心身のバランスをとり、

場合によっては、休養も必要だということなのです。

新谷ドクターは、ストレスの解消に工夫をし、
前向きでポジティブな精神でいることが、

何よりも、体全体の健康につながると結んでおります。

つまり、「幸せであることが病気を防ぐ」というわけですね。

忘れられがちな、こころのメンテナンスが、
いかに重要であるかということが、改めて教えられました。
「体内酵素は生命力の根源」
前回の過敏性腸症候群/腸内細菌が体内酵素をつくる
でご紹介した、
新谷弘実(米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授)氏の著書「健康の結論」の中の一文です。

生命あるところ、必ず酵素があるといわれています。

その重要な働きをしている「体内の酵素が欠乏したときこそ、
寿命が尽きる」ということが、
最近の医学・科学で解明されているようです。


さて、様々な体の障害(病)には、
体内酵素がもっとも深くかかわっているのですから、

免疫力(抵抗力)のある健康な体を維持することに、
体内の酵素がとっても重要になりますね。

つまり、日々の健康維持や体の修復に大活躍してくれる、
体内酵素の消耗をいかに抑えるか?、
そして、どのように補給するのか?、が大切になってきます。

私たち生命体は、生きているのですから何らかのかたちで
酵素を消耗しているわけです。

ほんの一例を挙げますと、食物を摂った場合に消化するための
消化酵素や、お酒やコーヒーを飲んだ後の解毒のために消費されます。

ですので、暴飲暴食は明らかに体内酵素を多量に消費するわけで、
とくに、動物性タンパク質の過食は、

その80%以上が消化されず、腸内の悪玉菌により腐敗発酵し、
腸内や肝臓内での酵素の消耗はひどくなるということです。

過敏性腸症候群の場合でもそうですが、
動物性タンパク質の過食は控えたいものですね。


さて、それでは、いよいよ酵素の補給についてですが、

酵素をたっぷり含んだ生の食物を摂ることだそうです。
できれば、野菜や果物などの植物食や、
ミネラルが豊富な海藻類を摂るようにします。

また、当ブログでおなじみの、
味噌・納豆・ぬか漬け・キムチなどの植物性の発酵食品も、
最高の酵素補給になるのですね。

それではこの辺で、次回につづきます。
『体内酵素は生命力の根源。言い換えれば、
体内酵素の欠乏や消耗が、老化を早め病気を引き起こす原因になる。』

新谷弘実(米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授)氏の著書
「健康の結論」の中の一文です。

その「体内酵素が欠乏したときこそ、寿命が尽きる」
ということらしいのです。

では、体内酵素がどこで作り出されているのかといいますと、
大部分の体内酵素は、腸内細菌によるものだということです。

腸内細菌にこだわり続けている私にとりまして、
当然にうなずけることなのですね。

過敏性腸症候群は、便秘や下痢の症状ですので、
腸内細菌の有益菌までをも直撃してしまいます。

つまり、見えないところで、
私たちのからだを守ってくれている有益菌(善玉菌)を
無駄に減少させてしまっているのです。

腸内の有益菌が減少しますと、
体内酵素が減少するのにはいうまでもなく説明は要りません。

ですので、体内酵素をできるだけ消耗しない生活や食事が、
健康に大きく関わってくると、新谷ドクターは力説するのです。

ことばを換えますと、
腸内細菌(善玉菌)が喜んでくれる生活習慣に
切り替えることなのではないでしょうか。

次回につづきます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。