過敏性腸症候群は便秘や下痢(腹痛)のくり返し。腸のチカラを付けるいきいき健康対策

●過敏性腸症候群を中心に『健康とよろこびの種まき情報』を発信し、あなたが過敏性腸症候群から解放され、フローライフ(流れに乗った生きかた)な健康幸せ人生を送ることができれば喜びに耐えません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
「体内酵素は生命力の根源」
前回の過敏性腸症候群/腸内細菌が体内酵素をつくる
でご紹介した、
新谷弘実(米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授)氏の著書「健康の結論」の中の一文です。

生命あるところ、必ず酵素があるといわれています。

その重要な働きをしている「体内の酵素が欠乏したときこそ、
寿命が尽きる」ということが、
最近の医学・科学で解明されているようです。


さて、様々な体の障害(病)には、
体内酵素がもっとも深くかかわっているのですから、

免疫力(抵抗力)のある健康な体を維持することに、
体内の酵素がとっても重要になりますね。

つまり、日々の健康維持や体の修復に大活躍してくれる、
体内酵素の消耗をいかに抑えるか?、
そして、どのように補給するのか?、が大切になってきます。

私たち生命体は、生きているのですから何らかのかたちで
酵素を消耗しているわけです。

ほんの一例を挙げますと、食物を摂った場合に消化するための
消化酵素や、お酒やコーヒーを飲んだ後の解毒のために消費されます。

ですので、暴飲暴食は明らかに体内酵素を多量に消費するわけで、
とくに、動物性タンパク質の過食は、

その80%以上が消化されず、腸内の悪玉菌により腐敗発酵し、
腸内や肝臓内での酵素の消耗はひどくなるということです。

過敏性腸症候群の場合でもそうですが、
動物性タンパク質の過食は控えたいものですね。


さて、それでは、いよいよ酵素の補給についてですが、

酵素をたっぷり含んだ生の食物を摂ることだそうです。
できれば、野菜や果物などの植物食や、
ミネラルが豊富な海藻類を摂るようにします。

また、当ブログでおなじみの、
味噌・納豆・ぬか漬け・キムチなどの植物性の発酵食品も、
最高の酵素補給になるのですね。

それではこの辺で、次回につづきます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
はじめまして。
この度、健康に関するランキングサイトをオープンしました。
オープン間もないため今なら上位ランクインも確実です。
簡単な登録ですぐにランキングにエントリーできますので
ぜひこの機会に登録をご検討してみてはいかがでしょうか。
貴サイトの登録を心よりお待ちしております。

サイト名:健康注目度ランキング
サイトURL:http://rank-net.jp/kenkou/
2006/11/11(土) 14:29 | URL | 健康注目度ランキング #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。