過敏性腸症候群は便秘や下痢(腹痛)のくり返し。腸のチカラを付けるいきいき健康対策

●過敏性腸症候群を中心に『健康とよろこびの種まき情報』を発信し、あなたが過敏性腸症候群から解放され、フローライフ(流れに乗った生きかた)な健康幸せ人生を送ることができれば喜びに耐えません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
近頃、過敏性腸症候群は子供にも多くなっているという。

中でもストレス性の便通異常は、
いじめの対象にもなっているらしい。

小学高学年の男の子。授業中におなかが痛くなり、
先生に許可を求めてトイレに行くのを繰り返す。

本人は周りのヒソヒソ話が気になり始める。

「もしや?おならの臭いがするのかも・・・」

不安が募り、なおさらに便意が敏感になる。

やがて傷ついた自尊心が、学校を遠ざけるようになるという。

しかしこの男の子の場合は、
トイレに行きやすい後ろの席に変えてもらい、
担任の先生にも協力を求めた。

同時に心療内科にも積極的に通院、その後に症状は徐々に治まり、
ほぼ2年間で治療を終えたらしい。

このような件は、本人と親はもちろんのこと、
病院・学校の先生の連携と、適切な処置の賜であろうと思う。

「過敏な腸」と付き合うには、腸に通じている
過敏すぎる神経の仕業なのだろうか。

ではいったい、神経のコントロール法はどのように・・・?

今後、心療内科が益々忙しくなるような気が・・・。

スポンサーサイト
ストレス社会を反映した現代病ともいえる過敏性腸症候群。

検査で異常が見つからないため、治療をあきらめてしまう人や、
病院を渡り歩く人も多いらしい。

繰り返す腹痛や下痢などの症状は、
潰瘍性大腸炎やクローン病と似ているという。

過敏性腸症候群のメカニズムの最新情報では、

脳がストレスを受けると
自律神経でつながっている腸の運動が異常になり、
内臓の感覚が過敏になるらしい。

腹痛や下痢を繰り返し、

その病状自体がさらにストレスとなり、
悪循環に陥るという。

まことに厄介な病気である。

病院の処方箋で改善される場合もあるが、
加えて、心療内科などとの連携も必要になるという。

患者の多くは完全主義者の傾向が強く、
神経の細やかな、よく気のつく優秀な人が多いらしい。

心の持ち方といえばそれまでだが、
心なんてものは、そうそう容易く制御できるものではない。

改善した多くの場合は、

生活習慣の徹底した見直しと、病状に応じた薬の併用らしい。

が、しかし、

ストレスと仲良しにならない限り、
再発も起こり得ると思うのは私だけだろうか。
便秘や下痢を繰り返していますと、
腸内細菌のバランスが崩れてしまいます。
その結果、体内リズムも狂ってしまい、体力の消耗はもちろん、
気力の減退にいたり精気も失せてしまいます。

朝の目覚めもすっきりせず、一日中ぼんやりして過ごしてしまいます。

とくに自律神経が乱れている状態の時に、
排便のリズムが狂っているわけですから、

そのようなときには、
自分ではコントロールの出来ない自律神経を、
つぎの方法で習慣化(からだに教える)して鍛えることによって
解決に向かいます。



・朝目覚めたら(起床は6時~7時までに)かならずカーテンを開けて
 太陽光を目に入れる→からだの活動スイッチがONになります。

・起床後は寝巻きを脱いでから服に着替えます。(休日もです)

・朝食はたとえ食欲がなくても必ず食卓に坐って、
 お茶でもコーヒーでも温かいものを飲むようにします。
 
 そして、ヨーグルトや果物など入るものを口にして下さい。
 いままで朝食が苦手だった方は、
 きちんと朝食が食べられるようになって来ます。

・朝食後は、出ても出なくてもトイレに行って下さい。
 
 朝起きて摂食の刺激によって大腸の活動が始まりますので、
 そのうちに、毎朝、便が出るようになってきます。

・入浴時のお風呂上りには、
 湯船のお湯より少しぬるめのお湯をからだに浴びせます。

・就寝は今日のうちに寝て、かならず暗くして眠るようにします。
 照明を点けたまま眠ますと、光の刺激で熟睡できません。
 
 ちなみにホルモンの関係で言うと、
 10時過ぎ~2時ぐらいまでの眠りが命のサビを取って、
 活性化させてくれるらしいです。
 
つまり、
今まで忘れていた基本的な日常生活を、
からだに思い出させることによって、
体内リズムがよみがえり、
体力・気力・能力ともに活性化されるというわけですね。

どうぞお試しを!!
なにか変化を感じていただけるはずです。(←最低一週間は実行あれ!)



みなさんご存知の通り、現代医学の発展には目覚しいものがあります。
臓器や手足の移植手術も行われて、
カラダの問題で言えば、
物理的には現代医学で不可能なものはほとんどないのではないでしょうか?

ところが、
わたしたちには「こころ」があります。

過敏性腸症候群は、
とくにストレスが深くかかわっているということはご承知ですね。
ストレスといえば、こころの要であります自律神経が乱れてきます。
そうしますと、
胃腸に悪影響がでることはあきらかですね。

現代医学は、即効性や緊急性に優れていますが、
慢性的な疾患や「こころの問題」には弱点があるようです。

そこで、おすすめしたいのが、「音楽療法」です。

音楽は自律神経に直接作用し、呼吸や心拍数などに影響を与えることが知られています。

良い音楽を聴くと気分が良くなりますよね!

つまり、
良い音楽は「こころ」と「心理面」にプラスの影響を与えるのではないでしょうか?

過敏性腸症候群は、
とくに心理面の問題が大きいということですので、
治療の補助としても音楽療法をオススメいたします。

ちなみにわたしの場合は、
仕事部屋や就寝時などには、
疲れた神経を休めるために、モーツァルトなどを聞いています。

過敏性腸症候群の場合は、
音楽療法の特性として、精神面・こころのケアに強いわけですから
つづけることが大切だと思います。

なにしろ過敏性腸症候群は慢性的ですので。

ではまたお会いしましょう(^^)
■過敏性腸症候群/こんな性格の人がかかりやすい

現代社会では多くの人が時間に追われ複雑な人間関係に囲まれて、
緊張感や不安感のなかで生きています。

怒りや悲しみの感情を抑え、大小さまざまなストレスを抱えていても、
うまく発散することができず1人で抱え込んでしまいます。
とくに頑張り屋さんのタイプは、
[過敏性腸症候群/こんな性格の人がかかりやすい]の続きを読む
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。