過敏性腸症候群は便秘や下痢(腹痛)のくり返し。腸のチカラを付けるいきいき健康対策

●過敏性腸症候群を中心に『健康とよろこびの種まき情報』を発信し、あなたが過敏性腸症候群から解放され、フローライフ(流れに乗った生きかた)な健康幸せ人生を送ることができれば喜びに耐えません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ストレス社会を反映した現代病ともいえる過敏性腸症候群。

検査で異常が見つからないため、治療をあきらめてしまう人や、
病院を渡り歩く人も多いらしい。

繰り返す腹痛や下痢などの症状は、
潰瘍性大腸炎やクローン病と似ているという。

過敏性腸症候群のメカニズムの最新情報では、

脳がストレスを受けると
自律神経でつながっている腸の運動が異常になり、
内臓の感覚が過敏になるらしい。

腹痛や下痢を繰り返し、

その病状自体がさらにストレスとなり、
悪循環に陥るという。

まことに厄介な病気である。

病院の処方箋で改善される場合もあるが、
加えて、心療内科などとの連携も必要になるという。

患者の多くは完全主義者の傾向が強く、
神経の細やかな、よく気のつく優秀な人が多いらしい。

心の持ち方といえばそれまでだが、
心なんてものは、そうそう容易く制御できるものではない。

改善した多くの場合は、

生活習慣の徹底した見直しと、病状に応じた薬の併用らしい。

が、しかし、

ストレスと仲良しにならない限り、
再発も起こり得ると思うのは私だけだろうか。
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。