過敏性腸症候群は便秘や下痢(腹痛)のくり返し。腸のチカラを付けるいきいき健康対策

●過敏性腸症候群を中心に『健康とよろこびの種まき情報』を発信し、あなたが過敏性腸症候群から解放され、フローライフ(流れに乗った生きかた)な健康幸せ人生を送ることができれば喜びに耐えません。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
前回と前々回につづき、
新谷弘実(米国アルバート・アインシュタイン医科大学外科教授)氏の著書「健康の結論」から、まとめとして少しだけご紹介いたします。

たとえば、食事に注意し、良い水を飲んで、規則正しく排泄して、
適度な運動をしていたとしても、

精神的に充足感がなく、幸せ感のない生活を続ければ、
いずれは病気になってしまいます。

どうやら、
精神と体の健康には何らかの関係でつながっているようなのです。

そのメカニズムは、精神の状態によって、
自律神経が交感神経優位になったり
副交感神経優位になったりするからだそうです。

強いストレスを受ければ、交感神経が優位になり、

白血球(免疫細胞)の顆粒球が異常増殖し、
正常な細胞組織を攻撃してしまい、

結果、様ざまな病気になるわけです。

反対にいつもポジティブな気持ちでいれば、
副交感神経優位になり、ガン細胞などにも非常に強い
リンパ球が増殖し、免疫機能が高まり、

免疫力や抵抗力、治癒力も活性化されるというわけです。

「病は気から」というのは、十分に根拠のある話で、
いかに日頃から良い精神状態を保つかが大切だいうことです。


当たり前のようですが、

ストレスを受けたらリラクゼーションを心がけ、
心身のバランスをとり、

場合によっては、休養も必要だということなのです。

新谷ドクターは、ストレスの解消に工夫をし、
前向きでポジティブな精神でいることが、

何よりも、体全体の健康につながると結んでおります。

つまり、「幸せであることが病気を防ぐ」というわけですね。

忘れられがちな、こころのメンテナンスが、
いかに重要であるかということが、改めて教えられました。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
自分も過敏性腸症候群で長年苦しんだけど、市販の安い、ドラッグストアやスーパーにあるオリゴ糖シロップ
と、ダダモ博士の血液型健康ダイエットで完治しましたよ♪
みんな血液型ダイエットは過敏性腸症候群に効果てきめんって言うし…是非ホームページで取り上げてみてはどうでしょうか?
2008/10/05(日) 03:08 | URL | #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。